業者選びに役に立つ葬儀社に関連した業者をご紹介します。

葬儀場コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月09日 [FAQ]

葬儀社のセット料金で全て賄えるの?

父が現在意識不明の状態で入院しているのですが、その原因は脳出血で、お医者さんからはこのまま意識が戻ることはなく、息を引き取るのも時間の問題だと言われています。
奇跡が起きても植物人間として命を繋ぐことしか期待できないということですが、その可能性は限りなく低く、すでに自分で息もできない状態です。
息を引き取ればすぐに病院を出なければいけないということで、葬儀社を探さなければいけないのですが、叔父さんから病院で紹介された葬儀社の場合は、病院にマージンが渡るシステムになっている分費用もかなり高くなると聞いたので、自分で葬儀社を見つけなければいけません。
お金に余裕があるわけではありまんが、母からは生前お世話になった人もたくさんいるから、家族葬などではなく一般葬でと言われたので、ある程度の出費は覚悟しているのですが、ネットで調べた範囲では、セット料金などで安く一般葬ができることを謳っている葬儀社もいくつかあります。
葬儀代にはお寺さんへお布施や、葬儀に参列してくだった方たちへ渡す香典返しや食事代などいろいろなお金がかかると思うのですが、セット料金にはそれらの費用は全部含まれているのでしょうか?
一般葬にかかる葬儀代の相場と併せて、費用の内訳を教えください。


回答

複数社から見積りを取って合計金額を算出してもらいましょう。


確かに数十万円で、追加料金なしで一般葬ができる葬儀社もありますが、お寺さんの指定がある場合には、別に戒名料やお布施が必要になり、読経料と合わせると50万円程度の費用が葬儀社へ支払う費用とは別にかかってきます。
セット料金とは、あくまでも最低限で葬儀ができるもので、それに追加料金がかかる場合がほとんどだと考えた方がいいでしょう。
一般葬を行う場合に必要な費用の合計金額の相場は200万円程度となっていて、その内訳は、葬儀一式費用、寺院への費用、飲食費用となっています。
葬儀社へ支払う費用が最も高いわけですが、その中には式場使用料や祭壇費用の他にも、火葬料や料理代、返礼品、葬儀進行などの人件費などが含まれています。
結婚式の場合は、予め人数や会費を決められますので、予算の計算もできますが、葬儀の場合はそうはいきませんので、予算に合わせて相談に乗ってくれる葬儀社を見つけておくことが大切です。
複数社から見積りを取って、その時には必ず詳しく希望や事情を伝えて、追加料金がかからない合計金額を出してもらいましょう。

PageTop