業者選びに役に立つ葬儀社に関連した業者をご紹介します。

葬儀場コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月10日 [FAQ]

葬儀社はどのように選べばよいですか?違いが分かりません。

葬儀社を探しているのですが、どこも内容はそう変わらないのに、値段に差があり、悩んでいます。値段の差は何でしょうか?値段が安いところの葬儀はかなり質素なのでしょうか?一方、高額な所の葬儀は至れり尽くせりで華やかなのでしょうか?参列は身内、親戚やごく親しい友人などになりますが、あまりに質素な感じだと恥ずかしさもあり、故人にも申し訳けない気がします。葬儀は一般的な通夜、葬儀・告別式のタイプで考えています。通常、葬儀社はどのように選ばれているのでしょうか?選ぶ時の判断基準などがありましたら教えてください。

回答

葬儀規模や種類、斎場の場所など具体的に決めましょう


臨終の後、心の整理も付かぬ間に慌ただしく葬儀の準備を進めるため、病院から紹介されたいくつかの葬儀社の中から選ばれる人は多いでしょう。病院から紹介される葬儀社が必ずしも良い葬儀社とは限らず、例外を除いては一般の業者に比べ費用は高い傾向です。
葬儀社を選ぶタイミングに早すぎることはありません。亡くなってもないのに、事前に探すなんて日謹慎と考えず、前もって葬儀社を探しておくことをお勧めします。
葬儀社にはいくつかのタイプがあります。まず、大手の葬儀社です。自前の斎場を持っている会社もあり、広告費をかけているため探すとすぐにヒットします。パンフレットも立派です。スタッフの数も多く固定経費が嵩むため、葬儀料金は高めです。こだわった葬儀、参列者が多く、特別な式などを希望される場合は大手が得意としていますので検討されるとよいでしょう。次に、ネット検索でヒットしやすい中堅の葬儀社です。運営コストをかけすぎず、主にネットでの集客を行っているため、葬儀費用は安めの傾向です。中堅規模には当たり外れがあると言われ、外れにだけは当たりたくないもの。しっかり選別すれば一番お勧めな葬儀社規模です。そして、地元に密着した小規模の葬儀社です。地元での評判が支えですので、良い葬儀社しか続けてはいけません。少人数のスタッフしかいないため、小規模の葬儀をお考えでしたらこちらのタイプがよいでしょう。
葬儀社を選ぶ時にはまず、葬儀の参列者の人数、どういった葬儀形式(通夜、葬儀・告別式など一通り行うか、通夜はなしとするか)にするか、斎場の場所はどうするか、といった具体的なイメージを決めておかなくてはいけません。斎場により料金が大きく変わるため、葬儀の場所に近い斎場を調べたり、葬儀社に相談しましょう。複数の葬儀社に見積もりを取り、その対応も含めて検討すると一番信頼できる会社が見えてくるでしょう。

PageTop