業者選びに役に立つ葬儀社に関連した業者をご紹介します。

葬儀場コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月12日 [FAQ]

葬儀社に相談する際に決めておくべきことはなんですか?

父親が高齢のためいつ葬儀をすることになってもおかしくなく、本人からも準備をしておくように言われているため、葬儀のことについて考えることが増えています。
そこで、実際に葬儀社を利用する際にどのようなことをあらかじめ決めておくべきか知りたいので、今のうちに考えておくべきことについて教えてください。

回答

規模や宗教、予算などを考えておく


まず、葬儀といってもさまざまな規模のものがあるため、どのような規模の葬儀をするのか決めておく必要があり、一番規模の小さな物として直葬あるいは火葬と呼ばれているものがあり、ほかにも一日葬や家族葬などもあり、あるいは大型葬のように大規模な葬儀も存在しています。
大きな葬儀となるとかなりの費用がかかってしまうため、そのためのお金をどのように用意するべきか考える必要があり、たとえば生命保険に加入していてそこから葬儀費用を出せる場合もあります。
また、葬儀の際には宗教が大きな問題となり、仏式や神式、キリスト教式など宗教ごとに、異なる葬儀の形態が存在しており、最近は無宗教葬や友人葬といったものも出てきており、以前にはなかったカジュアルな葬式も増えています。
葬儀をどのエリアで行うのかも重要であり、基本的には故人の住んでいた場所で行うことになるケースが多いのですが、場合によっては設備が整っていて交通アクセスの便利な施設を選ぶこともあるでしょう。
葬儀社はさまざまなサービスを用意しているのですが、サービスが充実しているほど費用が高くなってしまうため、すべてを葬儀社に任せてしまうのか、あるいは自分達でできることは自分達でやるのかを決めておくことも大切です。
実際の葬儀の演出にこだわりたいという人もいて、流れ作業のような式ではなくて温かみを感じられるような葬儀にしたいと希望する人もいるため、その場合は葬儀社のサービスにもこだわるべきでしょう。
希望はたくさんあるけれどもあまり費用を用意することができないため、費用をとにかく抑えたいという希望を持つ人もいて、この場合は葬儀社に見積りをもらって、どこが一番安く葬儀を行えるのか探す必要があります。
身内の意向を調整することも大切であり、たとえば本人の意向で家族葬にしたとしても、親族からの了解をあらかじめ得ておかないと後でトラブルに発展することもあるため、事前に話し合いをしておくことは大切です。
葬儀社によってサービス内容は異なっており、どのような分野を得意としているのかも違っているため、希望する葬儀に対応できそうな葬儀社をあらかじめ探しておくとよいです。

PageTop