業者選びに役に立つ葬儀社に関連した業者をご紹介します。

葬儀場コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月15日 [FAQ]

葬儀社に特殊な葬儀を頼めますか?

最近はいろいろな葬儀が許容される時代になっていて、私の父も一風変わった葬儀をしてもらいたいと言っており、今のうちに準備をしておきたいと考えています。
そこで、葬儀社に依頼をして特殊な葬儀に対応してもらえるのか、変わった葬儀とは具体的にどういうものがあるのか教えてください。

回答

宗教にとらわれない自由な葬儀が増えています


葬儀社は葬儀に関するプロであり、さまざまなニーズに応えて葬儀の準備をしてくれる存在なのですが、特殊な葬儀についても対応してくれる業者は増えているため、何か変わった葬儀をしたいという希望があるならば、相談してみると良いでしょう。
葬儀社の中には生前から葬儀の相談や打ち合わせに対応しているところもあるため、実際に生前のうちに葬儀社を決めておいて、自分の葬儀について事前にプロデュースしているような人も存在するのです。
たとえば、自然葬というものがあり、これは厳密に言うと葬儀ではないのですが、火葬したあとの骨を納骨するのではなく自然に返すという方法であり、海洋散骨や樹木葬といったものがあります。
最近は菩提寺との付き合いがなく、宗教的にしばられていない人が増えているため、そういった人の中には仏教式の葬儀をするのではなく、あえて無宗教で葬儀をするケースがあり、こちらは自由葬やお別れ会といった名称で行われることが多いです。
無宗教葬は宗教的に制限が存在しないため、どのような内容のものでも基本的に可能であり、自由なスタイルによる葬儀をすることが可能であり、たとえば、故人の好きだった音楽を演奏してもらう音楽葬といったパターンもあります。
ただし、自由な形態の葬儀をする際には、遺族の中には眉をひそめる人がいるかもしれず、参列者の中にも不快感をあらわにする人がいるかもしれないため、できれば事前に確認をしておいて、故人が生前から自由葬による葬儀をすることを公表しているほうがトラブルを避けられるでしょう。
また、特殊な葬儀の形態として生前葬をするケースもあり、こちらは生きている間に葬儀をしてしまう方法であり、それほど深刻な雰囲気にはならず、本人が自分の希望通りの葬儀をすることができるというメリットがあります。
今後は高齢化がますます進展していき、寿命も延びていくことが予想されるため、これまでにない自由な形の葬儀が増えていく可能性が高く、それに葬儀社の方でも柔軟に対応してくでしょう。
葬儀に関して何か希望があるならば、葬儀社に相談しておけば、できる限りの対応をしてくれます。

PageTop