業者選びに役に立つ葬儀社に関連した業者をご紹介します。

葬儀場コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月16日 [FAQ]

葬儀社への転職。給料はどうなるの?

現在、30代半ばの男性です。
今度、葬儀社への転職を考えています。
特に、葬儀社での職務経験があるわけではなく、全くの未経験からのスタートとなります。
そこで、葬儀社の仕事というのは、具体的にどんなお仕事をするのかお聞きしたいです。
あとは、給料の部分です。
福利厚生や昇級、ボーナスについてなど、金銭的な面についてはかなり気になっています。
一日の拘束時間や休日日数についても、一般的な範囲で教えて欲しいです。
よろしくお願いします。

回答

給料は悪くないですね


長年葬儀社で働いています。
まず、給料に関してですが、人の死を扱う仕事であり、あまりやりたがる人がいないこと、葬儀の単価が高いということから、基本的には他のサラリーマンに比べて給料は高いと思います。
会社によっても様々ですが、私の知人の中で、葬儀社に勤めているという人は、だいたい同じくらいの給料をもらっているので、相当なブラック企業でない限り、それなりの金額は提示してもらえるはずです。
なので、昇級やボーナスについても同じことが言えます。
普通の会社よりは、かなり報酬の面では高待遇だと思いますよ。
ただし、働き方については、結構大変かもしれません。
これも会社によって様々ですが、まず大前提としてご自宅から斎場、斎場から火葬場までご遺体を運ぶことも業務になります。
つまり、運転免許証は必須です。
また、基本的には人の死というのは突然なので、休みであってもご依頼があったり、お通夜や葬儀が重なってしまえば休みをずらす必要も出てきます。
年末は、何故か人が亡くなることが重なるので、一番の繁忙期というイメージが私はありますね。
勤務は、基本的に交代制勤務です。
会社によっては、夜勤もあります。
というのも、お通夜が終わった日は、翌日の葬儀に備えてご遺族がお泊まりになられます。
なので、一人ないし二人体制で、夜も斎場に泊まる可能性もありますね。
給料の面では高待遇なのに対し、業務に関してはかなり負担は大きいです。
また、基本的には悲しみの中で仕事をする職業なので、一般的な会社のようにワイワイしているというよりは、私の会社は社員同士もどこか距離がある感じになっています。

PageTop