業者選びに役に立つ葬儀社に関連した業者をご紹介します。

葬儀場コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年09月18日 [FAQ]

葬儀場選びのポイントとは?

3年ほど前に父に癌がみつかって、これまで抗がん剤治療を続けてきましたが、期待していた効果は出なくて、先日お医者さんから余命宣告をされてしまいました。
これまで生きる望みを持って辛い治療にも耐えてきた父は、そのことを必死で受け入れようとしていますが、精神的に大きなショックを受けたことは、顔を見ただけで分かるので、治療していた時よりも入院中の父に会いに行くのが辛い状況です。
そんな中で葬儀の準備をはじめるのはどうかと思ったのですが、父は以前地元ではそれなりの大きな会社の社長を務めていて、葬儀にはたくさんの参列者が来ることが予想できるので、看病疲れで体調を崩している母から、私に葬儀場探しをするように言われて、長男としてその役目を果たそうとしています。
できれば喪主も私にして欲しいと言われていて、全てがはじめてのことで私も動揺しているのですが、葬儀場を選ぶポイントを教えて欲しいので、どうかよろしくお願いいたします。


回答

葬儀場選びにはいろいろなポイントがあります。


まずは24時間365日無休で対応していることが基本ですが、葬儀場には社葬のように何百人も収容できるところもあれば、家族葬を専門にしていて、最大数十人しか収容できないところもありますので、参列者の数をきちんと予測して、余裕を持って収容できる会場を探すことからはじめましょう。
インターネットで調べて、はっきりした収容人数が確認できない場合は、直接電話やメールで問い合わせましょう。
ほとんどの葬儀場では、宗教や宗派問わずに対応してもらえますが、問い合わせの際は、念の為のその点も確認することをおすすめします。
葬儀場の場所も大きなポイントで、参列者が多いこともありますので、駐車場の有無と何台駐車可能なのかも確認して、最寄り駅から遠い場合は、送迎バスがあるかどうかも確認しましょう。
ご自宅にご遺体を安置できない場合は、葬儀場に安置場所があるかどうかも確認しなければいけません。
遠方からの参列者が多い場合は、着替えができる控室や、宿泊施設の確認もしましょう。
宿泊施設に関しては、近くに手配できるホテルがあれば問題ありませんので、その点も電話で問い合わせておきましょう。
葬儀場を選ぶ時には、やはり費用が気になるでしょう。必ず事前に見積りをとって、追加料金がかからないことを確認した上で、見積書の内容をしっかり精査してください。

PageTop