業者選びに役に立つ葬儀社に関連した業者をご紹介します。

葬儀場コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年10月23日 [FAQ]

葬儀を行う場所の種類は?

以前から父は身体が弱くて病院通いをしていましたが、こないだ癌がみつかって、医師から余命宣告を受けました。
これから抗がん剤治療を行うのですが、それは延命治療しか期待できないみたいで、余命宣告をされてからも前と体調の変化もない父を見ていると、本当に体が病に侵されているのかまだ実感できない状況です。
父が亡くなれば、当然のごとく葬儀を執り行わなければいけないのですが、父は3人兄弟の末っ子で、菩提寺もなければお墓もなく、自分たちで葬儀の準備をしたこともないし、父の前で葬儀の話をすることもできないので、一人で悶々としている状態です。
母は高齢ということもあって、おそらく喪主は長男である私になると思うので、その時を迎えたときは、私がしっかりしなければいけないと考え、質問させていただきます。
具体的な葬儀を行う場所と、選ぶ葬儀社によってそれは異なるものなのでしょうか?
葬儀にかけられる費用にも限界があるので、その点も含めたアドバイスをよろしくお願いいたします。


回答

自宅という選択肢もあります。


葬儀社には、自分たちで斎場をもっている会社と、もっていない会社があり、当然葬儀を執り行いたい斎場が葬儀社によって所有されていれば、その葬儀社に依頼しなければいけません。
葬儀社が所有している式場は、主に「セレモニーホール」「葬祭会館」などと呼ばれていて、葬儀や法事を行うために建設された施設なので、設備は最も充実しています。
菩提寺がある場合は、寺院の本堂などで葬儀を執り行うこともあります。
自社で葬儀場を所有していない葬儀社は、自治体や公共団体の施設や、民間の斎場を利用することになりますが、あまり葬儀にお金をかけたくない場合は、安い値段で借りられる町民館や自治会館やマンションの集会場やコミュニティセンターを利用することがおすすめとなります。
最近では、ホテルでお別れの会や故人を偲ぶ会なども行われていますが、遠方からお越しになった方たちの宿泊のことを考えると便利ではありますが、遺体の持ち込みや焼香の制約を受けるケースが多いため、葬儀場としての利用は現実的ではありません。
今は少なくなりましたが、自宅で葬儀を執り行う方法もあって、自宅であれば当然会場費は必要ありませんので、費用を最も抑えることができます。
基本的には、自社で葬儀場をもたない葬儀社に依頼した方が、場所が限られない分、会場費を抑えて葬儀を挙げられます。

PageTop