業者選びに役に立つ葬儀社に関連した業者をご紹介します。

葬儀場コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年03月18日 [FAQ]

生前葬について知りたい

先日、友人とお葬式の話題になりました。その方の家族は、代々、浄土真宗です。
浄土真宗では戒名ではなく法名を授けられること、位牌をおかず過去帳と呼ばれる家系図を置くことも知りました。
そしてなんと、生きているうちにお葬式を行い、法名ももらえるとのことです。興味を持ったので詳しく教えていただけませんか。


回答

生前葬ではご自身で別れを告げることができます


生前葬とは通常死後に行われるお葬式とは異なり、当人が元気なうちに実施されるお葬式のことです。
宗派に関わらず、ご希望される方全てで実施することができます。制限等はございません。人生の節目などに、家族や関係する方々に感謝の気持ちやお別れを伝えるというのが多く行われるスタイルになります。
生前葬が話題にのぼる背景には、「人生のイベントや区切りには何事も自分のスタイルを貫きたい」と考える方が少しずつ増えていることが挙げられます。自分で自分のお葬式をコーディネートできるため、必要以上に多くの参列者を呼ぶことも有りませんし、経費など、ご家族の負担を少しでも抑えたいと考えている方も多いようです。
葬儀社では、これまでの経験を活かし、お客様のご希望に沿ってプランニングしています。
生前葬を希望される方の宗教・宗派から僧侶を呼ぶことはもちろん、他の宗派にご関心がある場合は、その相談の仲介もできます。
式場利用料金に関しては、各会場で異なりますので、ご相談の際はまず生前葬を実施されたい地域をご指定下さい。その上で、ご予算、ご希望のスタイル、会場の大きさなどを勘案し最適な会場をアドバイスします。
生前葬は、以下のような方が実施されています。
「家族・縁戚の方に自分の口でお別れを言いたい方」「身体の自由が効くうちに感謝を伝えたい方」「交友関係のある同世代の方やご友人に気遣いをさせたくない方」「家族への負担をできるだけおさえたい方」「しんみりしたお葬式の雰囲気が好きではない方」など。
実施された方が、口をそろえておっしゃるのは「自身の口で感謝を告げることができて良かった」ということです。
もし関心があれば、まずは葬儀社に電話で問い合わせをしてみましょう。都合のつく日時でアポイントを設定してくれます。

PageTop