業者選びに役に立つ葬儀社に関連した業者をご紹介します。

葬儀場コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年04月23日 [FAQ]

不祝儀袋の選び方と金額について教えてください。

先日友人の母親がなくなりました。小さい頃から仲良くしていた親友なので、友人の母親にもとても良くしてもらいました。よく友人宅に泊まり行って、友人の母にご飯を作ってもらったり、一緒に話をしたりとかなり思い出もたくさんあります。

そのような近しい間柄の人が亡くなった時に香典はいくら包むべきでしょうか?金額が気持ちと直結するわけではないと思いますが、自分自身もかなりお世話になった方なので、失礼のない額を包みたいと考えています。

私自身は現在社会人2年めなので、あまりにも高額だと厳しいという現状もありますが、お世話になったことを考えるとお金にケチケチしたくないという気持ちもあります。

また、不祝儀袋も様々なパターンがあり、どういったものを選ぶべきか悩んでいます。このような場合の不祝儀袋の選び方についても教えて欲しいです。

回答

香典の一般相場は5,000?10000円です。不祝儀袋は水引が印字されたもの、または黒白の水引を選択します


ご友人のお母様が亡くなられたとのこと、心中お察し致します。
何かしてあげたい気持ちから、香典の金額をたくさん包みたいお気持ちもわかりますが、友人の親御さんへの香典の相場としては5000円?10000円前後となっています。

また同時に社会人2年目という20代で社会人になりたての状態ですので、基本的には故人との関係性に関係なく10000円を上限とするのが一般的とされています。

そのため、とても仲の良い親友で、故人とも接点があったとのことでしたら10000円を包むのが良いのではないでしょうか。

また、他にも共通の仲の良いお友達がいらっしゃるようであれば、友人一同として複数人でまとめて香典を出すことも可能です。その際はご友人と金額についてご相談をしておいても良いでしょう。

また不祝儀袋についてですが包む金額により異なります。
水引が印字されたような簡易的なものから、水引がしっかりとした豪華なものまであります。

この場合、豪華にすれば良いというわけではなく、金額に見合わない不祝儀袋で香典を差し出すことは故人の親族やその関係者に不快感を与えてしまい失礼に当たりますので注意が必要です。

一般的に1万円前後の金額であれば、袋自体に水引が印字されているタイプのもの、または黒と白の水引を選択します。

香典や不祝儀袋はあくまでも気持ちを代弁する行為の1つです。
ご友人のお気持ちに寄り添ってあげること、故人への感謝の気持ちを伝えることで、故人や友人に対する気持ちは十分に伝わるでしょう。









PageTop